-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-18 15:04 | カテゴリ:トラブル発生
確かに、この所目がスッキリしない感覚を覚えてはいた。
でもまさかメガネを購入してもいいぐらいに、視力が落ちてるとは思わなかったな。

キッカケは、会社の人からメガネを借りたら、ぼやけてた物が、スッキリ見えた時だったんです、
それで、俺はもしかしたらメガネを掛けるべきなのかなと。。

仕事でホワイトボードに書いてある文字を、見ることが多々ありまして、まぁそれには障害情報が報知されてまして、その確認作業をする際に、どうしても座った位置からじゃ見えなかったんですよ。
席からホワイトボードまで5〜6mあって、直径3センチくらいの文字がいまいち良く見えなかった。
でもそれが、視力の低下とは全然思わなかったんですよね。
こんなもんだったかなとw
でもメガネ掛けてない人で、見づらいなーって言ってる人がいなかったのは、ちょっと気にはなってましたね。
それでも、まさか目が悪くなってたとは考えもしなかった。


とりあえず、昨日試しに眼科に行ったら、メガネの処方を与えられまして。

ショックだったよー
両目1.5だった俺が、0.2と0.3だった事が判明された時には。
さらにいいますと、メガネなしで車、原付等を乗る事ができなくなりました。

つまりこの3年で、いやもしかしたらここ1年以内に悪くなってたのかもしれない。
今思うと、いくつまで1.5をキープできてたのかなぁ??
視力検査してる時、凄い小さい文字が下の方にあるじゃなすか?

それ、1.5の世界だったんですよw
あんなの見えるわけねーじゃんって、感じで見てましたね。
1.5の世界を自力で持ってたことに、思わず感動しましたww

でも、少し寂しい気持ちにもなった。ちょっとだけ、テンションも下がってたかな。
医者には、のん気というか、大器晩成型というか、見たいな事を言われた。
要するに、今までなんで気づかなかったんだって事を。医者は笑ってたわw
分かるわけないだろっ
ずーっと1.5の世界をキープしてたんだしw

乱視とか近視とか裸眼とかよく意味も知らなかったですからね。真面目に^^

でもまぁ、少し落ち込み気味。
スポンサーサイト
2007-02-01 23:58 | カテゴリ:トラブル発生
 少し前、自分が19か20歳くらいだったと思うけど、初めて人の死体を見たんだ。葬儀とかにも行った事がないし、肉親を看取ったこともない、その自殺者が初めての死体目撃だった。
不謹慎だし、変体かと思われるかもしれんがw
かなり、貴重な体験だったと思う。

そいつは、俺んちのマンションから飛び降りたんだ。
迷惑な野郎だ!家の親が「飛び降り自殺だよーっ」てちょっと、テンション高めに言ってきて、それを聞いた私もノリノリで非常階段から見下ろして、
それは、とても壮絶な惨劇。
仰向けになってたから、ちょうど血まみれの男と目が合うような感じで。気持ちわりーったらありゃしないww
この日たまたま、雨降ってて演出効果抜群。
ものの2秒くらいかなぁ、まともに見れなかったのをよく覚えております。

不思議と人はいなかった。
救急隊員が足早に担架に乗せ、そこにはブルーシートで覆われてて、やっぱ死んでるかって思いましたね。
速攻で処理されてた、何事もなかったかのように。
本当に救急隊員しかいなかったのが、不気味だったw
多分2回に分けて、見たのかな。
大分記憶が曖昧なんですけどね、そんな事を急に思い出しちゃってw

昔から、よく考えてたのが人の死体を見ることがあまりにもない事に、なんかイヤだな、見てみたいなって思ってて、
なんて言うのか、もっとリアルを感じたいなって思うんですよね。
確実に死んでるのに、目にしない。
それが人の目に触れてはいけないみたいなね、そんな事は非日常的扱いがどこかあって、でも自分にとっては、それがつまらんというか、

まぁ昔と違ってしょーがないかww
事故現場に遭遇でもせんと^^
今はあの時の事が、意味あり気に感じる今日この頃!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。