2007-02-27 22:29 | カテゴリ:仕事
今帰ってきた
うっ疲れた
なんかフワッとする、やばい疲れた
スポンサーサイト
2007-02-25 17:47 | カテゴリ:趣味
ゴッドファーザーパート?をようやく観終った。
これで残すはパート?のみです、次の土曜には観れそうです。
これが終わらないと、自分が借りてみたい映画が観れないから早く終わらせたいw



ただ、この映画がつまらない訳ではなく他ジャンルを観たいんです。観ればいいじゃんってとこなんだけど、随分と長い事友達から借りている状態なので、早く返さなくてはいけなくてですね、とはいえ観ないままに、返すのは悔しいですしね。
折角貸してくれたっていうのもあるし、なので拘束されてる感がどうしても発生しちゃう。
そうゆう状況を作ったのは自分だけどw
DSCN0462.jpg



レンタル屋で選んでる時が、結構好きなんだ。
絶対外さないように、自分のセンスと勘を何となく働かせて、パッケージの情報だけで、見定めてる時がww
当てた時がまた自分の感覚に、酔いしれるような気分になります^^(事前情報が一切ない場合に限り)

外す時も、よくありますけどね。それもまた、一興ではあるんですけど。

それともう一つ、今まで自分が観てきた映画で一番おもろくなかった作品を紹介しましょう!
ジムキャリー主演「スキーでヤッホー」今までどんなにつまらなくても、最後まで鑑賞してきた。でもこれは途中でDVDを取り出してしまったという、不名誉な結果となってしまった作品。そんな事初めてだったww

「うわっ、つまんねー」確かこんな感じだったと思います。

ぜひ、ご賞味あれ!

俺はもういいかなw
2007-02-24 17:31 | カテゴリ:趣味
いやー、ようやくゴッドファーザーを観ましたよ。
これは本当に昔から、かなり昔から観よう観ようと思っていたんだけれども、いつも後回しにしてた作品だったんです。
長いからw

友達から借りてるので、早く返さなければいかんと思い、今日観たんす。とりあえず、この作品良かったです。
俺、評論はうまくないんですね、自分の頭の中で起きてる事は理解してるんですけど、それをどう感じたかをうまく人々に還元していく事が、非常に難しい。

なので、一言で表したいと思います。
もちろん面白かったんですけど、あえて言うなら「凄い」と思った。この凄いの一言でいろんな意味を集約させてるつもりです、中身を詳しくつづると、長くなるのでやめますw
要するに、面倒くさいw

ゴッドを観た事があり、いろんなジャンルの映画をたくさん観てきてる人なら、何となくこの一言で言いたい事が伝わるだろうと思うのでw(ただ良いと思った人に限りますが)
ただ、間違えてパート2から観てしまって、何だこれって思いましたw
おかでその後?を見直す始末。エピソード1を観た様なもんでした^^
まーいいやたまにはこんなのも。
映画は良いよね!ネタが尽きないもん。観ても観ても、追いつかねーし。

映画は、いろんな情報が入ってくるから好きなんですよ。
時代背景、歴史、文化、音楽、ファッション、人間性、映像の技術力とか、想像力とかなんかいろいろ。
とはいえ、まだまだ観てない名作くさるほどあるから、観ないとw
昔、友達を今まで観た作品をリストアップしたことがありましたけど、そん時に250作品位思い出したけどまだまだだなーって思いましたよ。
まだ名作は隠されてるぜ!と思いw

ランキングをつけて遊んでたんですね友達と。難しかったw
確か自分は、パルプフィクション、T2、ロードオブザリング2と3、ライフイズビューティフル、ユージュアルサスペクツ、タイタニック、その当時自分が上位につけた作品すw
今でも上位ですけどねww

なんかダラダラしてきたんでこの辺で^^

さて、これから散歩でもしようかな。
2007-02-18 17:49 | カテゴリ:メイプル
ジャクム行ってきた。
 jakumu1.jpg

何気にMISSショットなかった^^
なかなか良かったよw



 20070212012357.jpg


これは、少し前にマスターと一緒に金歯を収集しに行った時の様子。


 20070218173952.jpg
これは、特に意味はないけど撮ったから。 意外と目立ってんなww 今となっては、もう過去の姿となった。
2007-02-17 11:01 | カテゴリ:日々の暮らし
慣れって凄いよ!知ってたけど、今一度再認識した。
この約半年間程、振り返ってみた、なんでか急に。
なんでか急にでもないなwあまりにも不慣れな事の連続で、不意に考えてしまってた。

えーとね、
まず、夜勤生活1年4ヶ月。始めの一週間は睡魔と闘いながら働くw次の週からは、普通でいられた。あの感覚は凄かった。
しかし、昼間寝るというのは1年4ヶ月もやってきても、完全に習得はできなかった。毎日が寝不足気味w
夜勤とは、相当しんどい環境だと思った。
仕事中よく体の不調を抱えてたもん。

その後、日勤生活に戻り意外と苦労した。よく、昼間おちてたし完璧なまでに。意外と無知だったのが新幹線の切符の買い方(これはおまけかw)
そして、満員電車に、通勤時間、就業時間、まったく会話のない職場環境。

それまで満員電車は本当に、乗った事がなかったから。傍からみてて、あれは俺には絶対無理だって思って見てましたよ。
でも習得してきたっぽい。約3ヶ月はかかったなw
ただ、たまに臭い時があるのが嫌。

通勤時間、これは今まで自分は1時間以上かけて通勤するということがなかったから。日雇いではあったけど、基本は1時間以内に収まってたので。やってみると、慣れるもんだなww
でも1時間20分くらいが自分の限界だ。それ以上は嫌w
(ドアツードア計算)

就業時間、これは今までの日勤の仕事では、夜19:00を越えるという事が、とにかくなかったんですよ。あったけど、たまにだから、その度に体がフラフラになってた。
体力ないのかなーって真剣に心配したこともありw
しかし今は毎日残業みたいなもんで、まさに日課。お蔭様で20:00くらいまで結構普通でいられる。こうゆうのも、慣れるもんなんだなーって感心した。

究極なまでに会話のない職場環境。これは慣れるということはないかな、やっぱり無理です^^

2年程前に読んだ、ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」という本にも、人間の慣れについてチョロッと触れていて、それを読んだとき、人間が生活をする上で、こんな最悪の状況の中でも慣れるというなら、何でも慣れるもんなんだろうなって、考えてはいましたね。

ちなみにこの本は「心理学者、強制収容所を体験する。」という体験記ですね。この手の本は、みなさんも読んだことありそうですけどね。
何か自分が不得意とするような、しんどい事、どうなんだろうと思うような事に出くわした時、フランクルの夜と霧を思い出すんですw

あーすげーw慣れってすげーと思うよww
それについて、書いてみたくなった今日この頃ですわ。
フランクル程の悪環境じゃないですけど^^

2007-02-12 19:34 | カテゴリ:未分類
蓮多丘さんとびくーにゃは今頃、夜勤だろうかw
がんばれー。
2007-02-08 23:28 | カテゴリ:仕事
今日は勤務地が、蒲田だった。
ずっと金融庁だと思ってただけに、面倒くさかったな〜
遠いしw1.2hはかかります。
霞ヶ関より30分オーバー、これはきついw

そして元請が富士通だったってことを、すっかり忘れていた。蒲田の勤務地に行ってそれを思い出しましたよ^^
しかしそれもそれで、ぼーっとしすぎでしたね。
まぁ商流しすぎってことですわ。わからなくなるww

俺、ふと思った事がありまして、富士通といえば・・
家に富士通の製品一つもないことを、
日立、ソニー、NEC、シャープ、キャノン、ペンタックス、松下幸之助、いろいろありますけど、富士通ないな〜
そうゆうもんでしたっけ??www

それと、アプリ評価は目が痛くなる。。
2007-02-04 02:32 | カテゴリ:未分類
何時になったら、その鬱病から開放されるのだろうか。
俺の知っている限りじゃ、もうかれこれ3年近くなるんじゃねーか。
お前は、何に考え、悩んじゃってるんだ?
仕事を探す前に、自分をしっかり探してから、行動した方が良いって、俺なりにアドバイスはしてるのに、それを何故やらんw

コンビニのバイトやったと思ったら、何でこんなことしてんだろうと、悩みそのうちコンビニを辞める。
でも、お金がなくなりとりあえずまたコンビニを始める。

なら始めから、辞めなきゃいいのに。その繰り返し。
2年程前かな、1月くらいにクリエイティブの仕事がしたいと
学校行こうか、仕事を通じて学んで行こうかと悩んでたけど、
結局やんなかったなー。

二つに絞ってから、相当悩んでたな。気持ちは分かるが俺から言わせれば、そこまでこぎつけたらもう手だしちゃうけどな。
行動起こした方がいいだろうに、
考えてる時間の方がもったいない、
無駄な動きに何かならないと思うのに。

その年は俺の知ってる限りじゃ、3,4ヶ月くらいコンビニやって後は仕事はしてないな。
去年は、仕事をまったくしてないような事を言ってたような。。

去年の10月についに精神科専門の病院に入院してしまったな、大変な思いをしたな。
俺も心身病にかかった事を思い出す、辛い気持ちはわかる。

時間をかけてゆっくり、静養して無事退院したのにまた
こないだのメールでやる気がでない病が出てきた、って言ってたが、もうそろそろマズイだろww

すぐ働こうとするからだ、焦りすぎだな。
だいたい退院すれば治る病気でもねーぞ!心の病気は、自分次第だからね。
俺と少し、原因が違うから何とも言えんが、とりあえず忘れるしかねーよ。
忘れた頃、その病気から開放される。

自分で判断するしかないし、大変だろうがそろそろ突破してほしいな。

人と自分をよく比べる人でもあるんですよね、その人は。関係ないのに、そんなの。自己嫌悪にもなりやすくて。
自分を好きにならにゃー。

鬱病患者には、頑張れって言わない方がいいって言うけど、あえて言うよ。頑張れよ!だって本人が頑張るしかないんだもんw
この心の病気を突破するには。
とその人事が気にかかってついそんな事を、言いたくなった今日この頃。
2007-02-01 23:58 | カテゴリ:トラブル発生
 少し前、自分が19か20歳くらいだったと思うけど、初めて人の死体を見たんだ。葬儀とかにも行った事がないし、肉親を看取ったこともない、その自殺者が初めての死体目撃だった。
不謹慎だし、変体かと思われるかもしれんがw
かなり、貴重な体験だったと思う。

そいつは、俺んちのマンションから飛び降りたんだ。
迷惑な野郎だ!家の親が「飛び降り自殺だよーっ」てちょっと、テンション高めに言ってきて、それを聞いた私もノリノリで非常階段から見下ろして、
それは、とても壮絶な惨劇。
仰向けになってたから、ちょうど血まみれの男と目が合うような感じで。気持ちわりーったらありゃしないww
この日たまたま、雨降ってて演出効果抜群。
ものの2秒くらいかなぁ、まともに見れなかったのをよく覚えております。

不思議と人はいなかった。
救急隊員が足早に担架に乗せ、そこにはブルーシートで覆われてて、やっぱ死んでるかって思いましたね。
速攻で処理されてた、何事もなかったかのように。
本当に救急隊員しかいなかったのが、不気味だったw
多分2回に分けて、見たのかな。
大分記憶が曖昧なんですけどね、そんな事を急に思い出しちゃってw

昔から、よく考えてたのが人の死体を見ることがあまりにもない事に、なんかイヤだな、見てみたいなって思ってて、
なんて言うのか、もっとリアルを感じたいなって思うんですよね。
確実に死んでるのに、目にしない。
それが人の目に触れてはいけないみたいなね、そんな事は非日常的扱いがどこかあって、でも自分にとっては、それがつまらんというか、

まぁ昔と違ってしょーがないかww
事故現場に遭遇でもせんと^^
今はあの時の事が、意味あり気に感じる今日この頃!