2011-11-13 10:11 | カテゴリ:未分類
会社に行く際に、世間の人達の歩くスピードがのろくてしょうがない。

実際のろい事自体は問題ではない。要するにのろいなら先陣斬るなって事。
俺の後ろを歩けとw
どうせおせーんだから。あれ、本当イライラすんだよなー。それが、カップルとかだとかかと踏んで
靴脱がそうするからねw
まぁ、よっぽどの時だねそれは。

あと、電車で前とか後ろって混みますよね?なんでそこまで必死になって、陣取るのかが分からない。
あれが良く分かんないんだよね。

例えば、1両目が明らかに混んでるの、でも2両目になると全然空いてるの。
俺、絶対2両目だもん。そこにはどんな思いで乗っているのか聞いてみたいもん。

恐らく、そこで降りると近くに階段があってすぐ登れて、改札出れて、次の電車に備えられるってとこだろう。
そこまでしないと、乗り換えの電車に間に合わなくて、それに間に合わないと危なくなるって言う人もいるのだろうけど、
そういう人ばかりじゃないと思うしなー。もっと言うともう1本分早く出ればいいだけの話しだし。

だからあの光景が俺には理解出来ない。2両目で十分、そして歩くスピードのろいから俺から言わせれば
意味ないと思っちゃう。

あと、エスカレーターで普通に歩いてる人とか、あれも俺から言わせれば、歩くスピードおせーから無駄な動きに見えてしまう。
電車1本分の差をつけられればそこで初めて納得できるけどねー。

1両目を選ぶ人達と、2両目を選ぶ人達では何か考え方の違いがあると思うな。
まぁでも、人によって何処に力を入れるかが変わるというだけの話なのかもしれないけどね。

例えば、
俺は、混んでるのが嫌だから、次の工程(歩き)に力を注ぐ。
そんなに急ぎたくない、或いは元々歩くスピードが遅いと自覚している為、混んでてもいいから階段に近い1両目に乗り込み
我慢する。
と言ったところでいいかな?

まぁ、俺は空いてる方を選ぶけどね。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kenkiti0826.blog.fc2.com/tb.php/173-1e531675